2014年11月19日

動作テストと三成殿の扇子について



しばらく前にうpしてたけどブログに書き忘れてた。
隆景さん、だいぶ破綻せずに動くようになってきました。
肩袖部はもう破綻した段階で手で調節してもらう方向ですけどね……セーラー襟+橙の上着+白のインナー+紺のインナー(袖)という4重構造が もう つらい 。

=============================================================
【三成殿の鉄扇を扇子モーションで人気の零式舞扇仕様にマージする】

モデル作成とか改造とかされてる方には今更かもしれませんが、三成殿の鉄扇モーションがもっと増えたらなあという期待を込めて一からメモしてみます。

1.鉄扇をPMXEで開きます。
このはる様の4三成殿からお借りしました。なみ子様の三成殿は殿本体に付属しているので、殿をそのまま開いてください。
鉄扇1.jpg
零式舞扇は「閉じた状態」がデフォルトなので、そちらにマージしていきます。
PmxViewから赤丸をしている「T」を押してトランスフォームビューを開きます。

2.閉じた状態を保存する
鉄扇2.jpg
下のほうの「モーフ」から「扇閉(なみ子式ですと「右扇閉」)」を選択し、変化量を1にして完全に閉じたものを「ファイル→現在の形状で保存」します。ファイル名は「鉄扇(零式舞扇マージ)」など、分かりやすいのがいいです。同じ手順で変化量を「0.5」[0.8」にしたものをつくり、それぞれ「鉄扇小開1」「鉄扇小開2」とでも名前をつけて保存します。

3.モーフを新しく作る
鉄扇3.jpg
先ほど保存した「鉄扇(零式舞扇マージ)」を開きます。
Pmx編集からモーフのタブを選びます。扇を閉じるモーフが残っているのですが、これは今後使わないので削除してしまって大丈夫です。
「新規モーフ作成→頂点/UV」を開きます。
鉄扇4.jpg
モーフ編集-新規追加窓が開いたら、「ファイル」からデフォルトの鉄扇(開いた状態のもの)を開きます。
これで閉じた状態の鉄扇を開いた状態にモーフィングすることができるようになりました。
名称を「[扇]開く」にして保存します。重要。パネルは「その他」にします。新規追加します。
同様に、「[扇]小開1」「[扇]小開2」を新規追加します。

これで大体出来上がりです。
必要な方は、扇を消すモーフ([扇]消)や左手用の扇を設定しましょう。
左手用のモーフ名は[扇]が[左扇]に設定されてるモーションが多いのかしら。
設定でよく分からないことあったら@hiwako_168にでもご連絡ください。
posted by ひわこ at 23:57| Comment(0) | 作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。